須賀森公園


店舗名須賀森公園
ジャンル史跡あと
住所東淀川区西淡路4-1
アクセスJR新大阪東口より徒歩10分
営業時間
定休日
ホームページ
クレジットカード
駐車場


来歴 以前はここに須賀神社がありましたが、明治四三年(1910)中島惣社に合祀された為、由緒あるこの地を保存しようと地元住民の方々の熱意で公園に生まれ変わります。元徳3年(1331)京の有名刀鍛治師来 国安、国長、国次らは南北朝の戦乱を避け家族達を引き連れ当地に移りました。須賀の森と呼ばれた森林地帯を開拓し、淡路一帯の地域開発にも貢献しますが、その折に鎮守として創建したのが須賀神社です。昭和三三年(1958)に西淡路と町名が変更する前は国次町と呼ばれてましたが、来一族の中でとくに国次の名が知れ渡っていたので彼の名を借用していたそうです。公園内には府の天然記念物指定の樹齢六百年以上という楠があります。建武ニ年(1335)湊川合戦で討死した楠木正成の冥福を祈って植樹したという伝承があります。